飲食店の開業の際の店舗物件の肝について!その要素とは!

広さが適切であること

飲食店を開業しようとしているときには、なんといっても、広さが重要です。とにかく広ければ良い、というわけではないです。少なくともお客を捌くことができるほどの人数が入れるようにしたほうが良いです。逆を言えば広すぎると中で待つ人が増えて、不満が出てくる、ということです。これがとても問題になりますから、とにかく注意した方が良いことになります。どこでも広ければ店舗として適切である、というわけではないです。それは理解しておくべきです。

その立地でよいのかどうか

飲食店としては、立地が何より大事になります。特に大衆的な食事を提供する場合はそれが確実になります。一人数千円から、というようなレベルのところであれば、客の回転率もそこまで気にしないでよいです。しかし、千円未満ですと兎に角、お昼時、夜の回転率がポイントになります。ですから、極めて重要視されるべきところとして、立地があります。人がいれば、食事が必要になります。それを狙う為には、人が多いほうが基本的に良いです。

どの程度のリスクがあるのが

飲食店と言うのはなかなか軌道に乗せるのが難しいことが多いです。それでも十分にメリットはあります。つまりは、やってみる価値がある事業であるわけです。ポイントとしては、なんといっても、居抜き物件です。これによって、かなり経費を下げることができますから、とてもお勧めできます。難しいことではありますが、良い居抜き物件を見つけるように情報を収集するとよいです。居抜き物件は残された物品をそのまま使える物件です。

店舗物件というのは、物件によって立地条件が異なるため、どのようなタイプの店舗を目指しているのかを考慮しながら物件探しを行う必要があります。

Comments are closed. Posted by: admin on