知っておきたい!間取りについての基礎知識

一人暮らしに向いている1Rと1K

まず1Rは、フロア全体が一つの部屋で出来ていて、その部屋がキッチンと居室を兼ねている間取りのことです。仕切りがないのが特徴で、見た目に開放感があり、若い人や学生に人気があります。次に1Kは、フロア全体がキッチンと1つ居室に仕切られていて、さらにキッチンの広さが4.5畳以下の間取りのことを指します。キッチンと居室が独立しているのが特徴で、比較的落ち着いた生活を希望する人や、日常的に自炊をする人などに向いていると言えるでしょう。

いろいろと使い勝手のいいDK

1DKは、「食堂が付いているキッチン」を意味するダイニングキッチン(DK)と居室が1つある間取りのことです。そして居室が2つの場合は2DKで、3つの場合は3DKになります。DKの広さは4.5~8畳といういうのが一般的ですが、不動産業者によって目安が違う場合もあります。1DKは一人暮らし向きの間取りですが、2DKはカップルや夫婦などの二人暮らしに向いていると言えるでしょう。さらに3DK以上については家族で使うことも可能です。

広々とした居住空間を持つLDK

1LDKは、「リビングと食堂とキッチンが一つの空間にある」ことを意味するリビングダイニングキッチン(LDK)と居室が1つある間取りのことです。LDKの広さは、8畳以上とよく定義されていますが、実際には、リビングが含まれるため12畳以上のスペースが必要だと言われています。そして2LDKはカップルや夫婦に人気の間取りで、3LDK以上は家族向けになります。また間取りについては、DKやLDKなどの基準だけでなく、フロア全体の占有面積もよくチェックするようにしましょう。

帯広の賃貸マンションの契約を考えている人は、決して珍しくないとされ、物件の選び方に着目をすることが大事です。

室蘭での賃貸の情報
Comments are closed. Posted by: admin on