賃貸を持家と比べたり、今後の需要から注意点などを説明します

賃貸と持家は、どちらがお得か?

多くのかたは「持家」と「賃貸」どちらに住み続けるべきか?悩まれているかと思います。最近では敷金や礼金を払わないで、住める賃貸住宅が多くなりました。その場合で計算をすれば、仮に1LDKで家賃5万円の賃貸住宅で20歳から100歳まで住むとします。80年間で4800万円です。しかし持家であれば、安い場合は土地代を含めて2000万円で済みます。そう考えると、仮にリフォームなどしても、持家の方が安く済みます。しかし賃貸住宅の場合は自然災害で、建物が倒壊しても簡単に引っ越せるのが魅力でしょう。賃貸と持家はどちらがお得ということはなく、ご自身の合うほうを選ぶべきでしょう。

人口減少社会になり少子高齢化で、賃貸でも安心です

多くのかたが「賃貸住宅に住み続けると、高齢者になると大家さんから追い出されるのではないか?」そう心配をされるかたがいて、持家を購入しようと考えるかたもいます。しかし日本は人口減少社会であり、高齢者が増え続けて、若者が減り続けています。そのような状況で「年金で生活をされる高齢者に、家賃は払えなくなるのではないか?」そのように心配して、大家さんが高齢者を賃貸住宅から追い出しても、若者が少ない状況なのです。新たに賃貸住宅で住みたいという方は、少なくなるので家賃を払い続けてくれるかたを追い出せなくなる時代なのです。そのように考えると、安心して賃貸住宅に住み続けられるでしょう。

家賃を払える為に、老後資金を貯めることが重要です

高齢者になられても、賃貸住宅に住み続けるなら全て安心かと言うと、そうでもありません。賃貸の特徴は、住み続けるには家賃を永久に払い続けるのです。高齢者になられても、家賃を払い続けられるかたは問題ありません。しかし今の日本は国民年金が、受給される保証はないのです。少子高齢化が進めば、増税をしない限りは国民年金が支給されない国になるかもしれません。その為には老後資金を貯めて、高齢者になられても家賃を払えることが大事なのです。家賃を滞納しないで賃貸契約を守れば、契約を更新できて賃貸住宅に住み続けることが出来るでしょう。

札幌の賃貸事業に関しては沢山の物件があり、そこで3月の移動シーズンとなる前に出来るだけ良い物件を探す事が求められます。

滝川市の賃貸の記事
砂川市での賃貸はココ
Comments are closed. Posted by: admin on